ED薬の比較サイト

コロナ抗原キットの通販について

コロナ抗原キットの通販について

「コロナとか風邪と同じようなもんだろ?」

と考えている方はいませんか?
確かに感染しても軽症で済む場合もありますが、重症化して亡くなってしまうケースもあります。

幸運にも軽症で済んだとしても、あなたの周りの人に感染させてしまったかもしれません。
言い方はあまりよくありませんが、「感染させる=人を殺す可能性がある」という事です。

私の叔母もコロナに感染してしまい、1ヶ月ほど入院していました。
電車に乗った時マスクを付けていなかったらしいので、それが原因かなと。

マスクを付けていない叔母が悪いですが、コロナはあなたが思っているより簡単に感染します。
自分を守るためにも、周りに感染させないためにも、抗原キットで定期的な検査をオススメします。

この記事では「コロナ抗原キット」について詳しく解説しています。
PCR検査より安い上に自宅で検査が出来るので、利用者が急増している検査キットです。

実際に私もコロナ抗原キットを使ってみましたので、体験談を交えて紹介していきたいと思います。

「抗原キットってPCR検査と何が違うの?」

と思った方は、まず初めにこちらから読んでください。
PCR検査と抗原検査などの違いを、簡単に解説しています。

コロナ抗原キットの通販価格

複数の通販サイトを確認してみましたが、コロナ抗原キットは「お薬なび」でしか販売されていませんでした。
発売予定の情報などが一切出ていないので、恐らくお薬なび以外の通販サイトでは、コロナ抗原キットを販売しないと思われます。

1個 7,000円 - - -
5個 32,500円 - - -
購入する

PCR検査の価格は「15,000円~40,000円」なので、いかに「コロナ抗原キットが安いか」がわかりますね。 まとめ買いすると500円安くなるので、この機会に購入しておく事をオススメします。

まとめ買いがオススメの方
  • 定期的に検査をしたい
  • 家族全員に使いたい
  • 家にストックしておきたい

コロナの感染者数は除々に減っていますが、予断を許さない状況です。
すぐに収束するかもしれないですし、爆発的に感染者数が増えるかもしれません。

アルコールやマスクをしても感染してしまうので、コロナ抗原キットで定期的に「コロナに感染していないか」を確認しましょう。

コロナ抗原キットの通販が向いていない方

続いて「コロナ抗原キットの通販が向いていない方」について解説していきます。
以下に当てはまる方は、コロナ抗原キットの通販はオススメ出来ません。

抗原キットが向いていない方
  • 自分で検査をするのが不安
  • 医療機関で検査をして欲しい

それでは1つずつ簡単に解説していきます。

自分で検査をするのが不安

以下のように「自分で検査をするのが不安な方」は、病院や保健所で検査を受ける事をオススメします。

※偽陽性:本当は陰性なのに陽性と判定されること

私も最初は自分で検査をする事が不安でしたが、検査方法が非常に簡単なので失敗する可能性は低いです。

検査方法を先に確認したい方は、以下を参考にしてください。
「こんなに簡単なんだ」と誰もが思うはずですよ。

医療機関で検査をして欲しい

「コロナの検査は必ず医療機関で受けたい」

という方は、通販でコロナ抗原キットを購入しないようにしましょう。
「医療機関で検査を受けたい」と思っている方は、抗原キットで検査をしても出た結果に不安を抱く傾向にあり、最終的に医療機関で検査を受ける方が多いです。

1つ注意点があります。
医療機関で検査をするとなると、以下のような問題が起こります。

コロナの検査を受けるために外出したのに、外出先でコロナに感染してしまうのは本末転倒ですよね?
医療機関での検査が正しいと思いますが、「コロナ検査より感染しない事の方が重要」という事は忘れないでください。

コロナ抗原キットの通販が向いている方

続いて「コロナ抗原キットの通販が向いている方」について解説していきます。
以下に当てはまる方は、コロナ抗原キットの通販に向いています。

メリット
  • PCR検査を断られた
  • あまり外出したくない
  • 体調不良になった時すぐに使いたい

それでは1つずつ簡単に解説していきます。

PCR検査を断られた

色々調べてみたところ、いまだにPCR検査を断る病院が多いみたいです。

病院側の都合もあると思いますけど、断られた側からしたら嫌な気分になりますよね。
ですのでPCR検査を断られた方は、医療機関での検査を諦めて抗原キットの使用をオススメします。

「断られるかもしれないPCR検査」より「安くて結果がすぐわかる抗原キット」の方が重要です。
「※WHO」や「※FDA」が認定しているので、安心して抗原キットを使用してください。

※WHO:世界保健機関
※FDA:アメリカ食品医薬品局

人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関

引用元:ウィキペディア-世界保健機関

FDAは食品や医薬品、さらに化粧品、医療機器、動物薬、たばこ、玩具など、消費者が通常の生活を行うに当たって接する機会のある製品について、その許可や違反品の取締りなどの行政を専門的に行う。

引用元:ウィキペディア-アメリカ食品医薬品局

あまり外出したくない

あまり外出をしたくない方は、コロナ抗原キット一択です。
私も外出をしたくないタイプの人間なので、病院や保健所ではなくコロナ抗原キットを使用しました。

外出をするだけで感染確率が高くなってしまうのに、人が多い病院や保健所で待機するなんて考えられません。
検査の時は陽性が出なくても、病院や保健所でコロナ感染してしまう可能性があります。

外出を控える事が一番の予防策です。
ですので外出をしたくない方は、コロナ抗原キットを通販で購入して検査するようにしましょう。

体調不良になった時すぐに使いたい

抗原キットはPCR検査と違い家にストック出来るので、「体調が悪くなった時」すぐにコロナの検査を行えます。
「いつでも検査が出来る」と考えると、安心感が生まれますよね。

体調不良の時に使用するのは当然ですが、以下の理由から私は定期的に使おうと考えています。

定期的に使用すれば、重症化する前に対応できる上に身近な人間を守れます。
それに自分が原因で、職場をクラスター化したくありませんしね。

まとめ買いすると安く購入できるので、体調不良になった時の事を考えて、抗原キットを家にストックしておく事をオススメします。

コロナ抗原キットの通販のデメリット

続いて「コロナ抗原キットの通販のデメリット」について解説していきます。 通販のデメリットは、以下のようなものがあります。

通販のデメリット
  • PCR検査より精度が低い
  • 偽陽性になる可能性がある

それでは1つずつ簡単に解説していきます。

PCR検査より少し精度が低い

抗原キットはPCR検査より、精度が少し低い傾向にあります。
以下の表は「抗原キット」と「PCR検査」を比較した結果ですが、少しわかりにくいですよね。

言葉で表の意味を解説すると、以下のようになります。

この結果から「抗原キットの精度」を導き出すと、以下の数字になります。

感度と特異度の意味は、以下の通りです。

感度(感染した人を正しく陽性と判別する確率)
特異度(感染していない人を正しく陰性と判別する確率)

抗原キットの精度が落ちると言っても、精度は非常に高いので心配する必要はありません。
安心して抗原キットを使用してください。

偽陽性になる可能性がある

確率としては低いですが、コロナ抗原キットは「偽陽性」になる可能性があります。
偽陽性とは「感染していないのに陽性と判定される」事です。

「偽陽性になるかもしれないんだ…何か不安かも…」

と思った方もいるはずですが、ご安心ください。 抗原キットの※特異度は「99.05%」なので、偽陽性になる確率は100人に1人の割合です。

※特異度:陰性を陰性と判別できる確率

PCR検査の特異度も100%ではないので、抗原キットの特異度は非常に高いと言えます。
偽陽性になる確率は限りなく低いので、安心して抗原キットを使用してください。

コロナ抗原キットの通販のメリット

続いて「コロナ抗原キットの通販のメリット」について解説していきます。
通販のメリットは、以下のようなものがあります。

メリット
  • PCR検査の1/4の価格
  • 保健所や病院に行く必要がない
  • 結果が即日でわかる
  • 注文してから最短翌日で届く

それでは1つずつ簡単に解説していきます。

PCR検査の1/4の価格

抗原キットはPCR検査の1/4の価格で利用できるため、必要最低限の費用で「コロナに感染しているかどうか」を判別できます。
どのくらい価格が違うのか、抗原キットとPCR検査を比較してみました。

抗原キット PCR検査
価格 7,000円 約20,000円
診察代 0円 約3,000円
総額 7,000円 約23,000円

あくまでも平均価格ですが、差額を計算すると「16,000円」もありました。
精度に関してはPCR検査の方が少し優れていますが、16,000円も差額があるなら抗原キットを使用するべきかなと。

1回だけ検査を行えば良いわけではありません。
あくまでも個人的な意見ですが、「1回のPCR検査」より「定期的な抗原キットでの検査」をオススメします。

結果が即日でわかる

抗原キットはPCR検査と違い、検査結果が即日でわかります。

2日~3日後は、さすがに長すぎですよね。
検査結果が出るまでの期間はとても不安ですし、仕事も休まなければいけません。

休んでいる期間の給与を国が保証してくれるわけではないので、私はすぐに検査結果がわかる抗原キットを使用しました。

それに抗原検査を行って陽性が出れば、「優先して診察をしてくれるかもしれない」という打算的な考えもありました。
「熱があるんですけど…」より「抗原検査で陽性が出たんですけど…」の方が、診察を受けるまでスムーズになるかなと。

ですので「1秒でも早く検査結果を知りたい方」や「陽性が出た後スムーズに診察を受けたい方」は、自費のPCR検査ではなく価格が安い抗原キットを試してみてください。

注文してから最短翌日で届く

抗原キットは注文してから、※最短翌日で届きます。
「体調不良になっても翌日には検査が出来る」と考えると、非常に素晴らしいですよね。

※離島の場合、最短翌日では届きませんのでご注意ください。

スマホ1台で完結するので、「病院や保健所への電話」や「通院する必要」は一切ありません。
ちなみに私の場合、体調不良になってから注文するのは面倒なので、常に1個以上はストックするようにしています。

自分だけではなく家族が体調不良になった時も使えるので、安く購入できるまとめ買いがオススメです。

PCR検査や抗体検査との違い

「そもそも抗体検査って何なの?」

という方も多いと思います。
最近、承認されたばかりの検査方法なので、私も使用する前は全くわかりませんでした。

「抗原検査がどういう検査なのか」をわかりやすく解説するため、PCR検査や抗体検査と比較してみました。

参考サイト:新型コロナウイルス感染症に関する検査について|厚生労働省

抗原検査 PCR検査 抗体検査
目的 現在感染しているか 現在感染しているか 過去に感染したか
方法 喉や鼻の粘膜採取 喉や鼻の粘膜採取 血液採取
時間 15分程度 4時間~8時間 15分程度
精度 高い 非常に高い 研究中
調査内容 タンパク質 遺伝子配列 抗体
価格 7,000円 1.5000円~30,000円 10,000円~20,000円

抗体検査は「過去に感染したか」を調べる検査なので、特に覚える必要はないです。

抗原検査はPCR検査の「簡易版」のようなものなので、価格が安く時間もかかりません。
ただ簡易版と言っても精度は非常に高いので、安心して抗原検査を行ってください。

コロナ抗原キットの使い方

「コロナ抗原キットって、何か使い方が難しそう…」

と思った方もいるはずです。
結論から言うと、コロナ抗原キットの使い方は非常に簡単です。

抗原キットの使い方
  1. サンプル処理液をチューブに移す
  2. スワブで両鼻の検体を採取する
  3. チューブにスワブを差し込む
  4. 検査キット本体にサンプルを2~3滴落とす
  5. 15分~20分経過したら、結果を確認する

工程としては、たったのこれだけです。
抗原キットを使用する上に、難しい点は一切ありません。

私も初めて使ってみましたが問題なくスムーズに検査を行えたので、「気軽にコロナの検査をしてみたい方」はぜひ試してみてください。

コロナ抗原キットを通販で購入してみた体験談

ここからは私が、実際にコロナ抗原キットを使ってみた体験談を紹介していきます。
パッケージを開けてみると、以下の4つが入っていました。

  1. 検査キット本体
  2. スワブ
  3. サンプル処理液
  4. チューブ

可能性としては低いですが「入っていない可能性がある」ので、必ず「上記4点が入っているかどうか」を確認してから使うようにしてください。

まず始めにチューブの中にサンプル処理液を入れるのですが、こぼれないように立てかける物が必要です。
立てかける物は何でもOKで、私はコップで代用しました。

次にスワブ(綿棒)で鼻の検体を採取するのですが、鼻の奥まで入れる必要がありません。
入れる深さとしては、鼻の穴から2.5cm程度で充分です。

鼻の奥に入れすぎると、鼻血が出てしまう事があるので注意してください。
私の知り合いは鼻血が出やすい体質で、検査をするのが大変だったみたいです。

スワブを粘膜にこすりつけながら5回転ほどさせれば、検体をしっかりと採取出来ます。
採取したらサンプル処理液が入ったチューブの中で10回程上下させ、チューブの底で5回転ほどさせます。

1つ注意点があります。
チューブの中で上下させたり回転させないと、陽性なのに陰性と判定される可能性が出てきます。
ここの作業が「一番重要なポイント」という事を覚えておいてください。

チューブのキャップを締めて、検査キット本体にサンプル処理液を2~3滴ほど垂らします。
サンプル処理液を垂らすのは、「S」と書かれている横のくぼみなので、間違えないようにしてください。

15分~20分ほど経過したら結果が出るので、それを確認すれば「コロナに感染しているかどうか」がわかります。
私は無事に「C付近に線が1本現れた」ので陰性でした。

陽性:「C」と「T」付近に2本の線が現れた場合
陰性:「C」付近に線が1本現れた場合
無効:「C」「T」付近に線が現れない場合、「T」付近のみ線が現れた場合

私が思っている以上に簡単だったので、違う意味で驚きました。
どなたでも簡単にコロナ検査を行えるので、「コロナの検査を一度受けてみたい方」は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

コロナ抗原キットは通販がオススメ!

コロナ抗原キットを初めて使ってみましたが、本当に簡単でした。
しかも7,000円で購入出来るので、人口密度が高い病院にわざわざ行く必要がないのは魅力的かなと。

ニュースは徐々に少なくなっていますが、コロナの感染者数はあまり減っていません。
自分を守るためにも、周りの人に感染させないためにも、ぜひコロナ抗原キットで一度検査をしてみてください。

コロナを終息させるには「1人1人の予防が非常に重要」という事を頭の片隅に入れておきましょう。

TOP