ED薬の比較サイト

中折れの原因について

中折れの原因について

男性なら一度は、中折れを経験した事があると思います。
中折れを軽く考えている方が多いのですが、あなたが思っている以上に中折れは恐いです。

トラウマや体調不良など、中折れには様々な原因が存在します。
中折れを改善するには、中折れの原因を明確にし適切な改善方法を行う必要があります。
そのまま放置していると、EDに発展することもあるので注意が必要です。

この記事は「中折れの原因を知りたい方」に向けて書いています。
EDについてや改善方法なども併せて解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

中折れの原因について

中折れとは「性行為中にペニスが萎えていってしまう症状」のことです。
年齢に比例して、中折れは増えていく傾向にあります。

中折れしてしまう原因は、4つあります。

中折れする原因
  1. トラウマ
  2. 眠気や疲れ
  3. ストレスや不安
  4. 加齢の問題

それでは1つずつ解説していきます。

トラウマ

以下のような経験がある方は、中折れしやすい傾向にあります。

上記のような経験をしてしまうと脳裏に焼き付いてしまい、セックスがトラウマになってしまいます。
実際にトラウマが原因で、セックス中に中折れしてしまう方は多いです。

トラウマが原因の中折れは、改善が非常に難しいです。
パートナーに事情を話して、問題なくセックスを行い自信を付けるしかありません。

1つ注意点があります。
何も準備をせずにセックスを行うと、中折れを繰り返してしまい自信をより喪失してしまいます。
ですので可能な限り、ED治療薬を服用した上でセックスを行いましょう。

個人的にオススメなのは「バイアグラ」です。
ED治療薬の中で最も硬い勃起ができるので、中折れせずセックスできる確率が上がりますよ。

眠気や疲れ、体調不良など

実は「眠気」や「疲れ」なども中折れの原因となってしまいます。
一度ゆっくり休んで、眠気や疲れがない状態でセックスをしてみてください。

問題なくセックスができる場合は、一過性の中折れなので特に問題はありません。
以下に該当する方は、眠気や疲れで中折れしてしまう傾向があります。

基本的に「疲れている時」や「体調不良の時」は、仕事も遊びもやる気が出ないですよね。
セックスも全く同じです。

ですので眠気や疲れがある時はセックスをしないで、元気が有り余っている時にセックスを行いましょう。

加齢の問題

以下のような理由から、中折れは年齢が高くなるにつれて多くなります。

特に40歳を超えると中折れする方が増え始め、50代や60代になると6割以上の方が経験しています。
自然に中折れが改善する事は考えられないので、40代~60代の方で中折れした方はED治療薬を服用してみましょう。

精神的な面が関係していないため、加齢が原因の中折れは改善しやすい傾向にあります。

加齢が原因の中折れだと、「レビトラ」というED治療薬がオススメです。
勃起効果が高い上に即効性があるため、中折れしにくくなりセックスできる確率がグンと上がります。

最近は通販でも購入できるので、レビトラを試してみてはいかがでしょうか?

ストレスや不安

以下のような「ストレス」や「不安」も、中折れの原因となってしまいます。

ストレス 上司と部下の板挟み、人間トラブル、結婚や子作りを迫られている など
不安 お金の問題で悩んでいる、セックスがうまく出来るか不安、今の仕事をずっと続けても良いのか など

「この程度で中折れの原因にならないだろ」

と思った方もいるはずですが、これは冗談ではありません。
上記のようなストレスや不安で中折れしてしまう方は多いですし、実際に私も仕事が忙しかった時は中折れしてしまいました。

心と体は連動しているので、些細な悩みでも中折れの原因になってしまいます。
難しいとは思いますが、不安を抱えないようにしたり、定期的にストレスを発散するようにしましょう。

中折れの原因はED?初期症状や特徴について

セックス中に中折れしてしまう原因を解説してきましたが、中折れする方はEDの可能性があります。
EDは以下3つの段階に分けられるのですが、中折れは「軽症ED」に分類されます。

軽症ED 普段は問題なくセックスできるが、たまに硬さが出なかったり中折れしたりする
中等度ED たまにセックスできない時があり、勃起の硬さが出なかったり持続できない時がある
完全型ED 一切勃起が出来なくなってしまい、セックスをすることができない

軽症の場合、普段は問題なくセックスが出来るので、自分がEDになっている事に気付かない傾向があります。
ですので中折れしてしまう方は、「自分はEDの可能性がある」と認識しておきましょう。

「中折れの原因はわかったから、1秒でも早く治したいんだ!」

という方は、ED治療薬を服用してみてください。
軽症EDの段階でED治療薬を使用すれば、高確率で中折れは改善されます。

ED治療薬の選び方がわからない方は、以下の記事に目を通してみてください。
徹底的に比較しているので、自分に合うED治療薬が見つかりやすいですよ。

中折れの改善(対策)方法

続いて、中折れの改善(対策)方法について解説していきます。
中折れの改善方法は、以下の4つです。

※効果と即効性は、私の独断と経験で評価付けしております。

ED治療薬 睡眠 食事 筋トレ
効果
即効性
詳細へ飛ぶ 詳細へ飛ぶ 詳細へ飛ぶ 詳細へ飛ぶ

それでは1つずつ解説していきます。

睡眠の質や時間を上げる

その日の「体調」や「疲れ」によって、中折れする可能性が高くなってしまいます。
ですので睡眠の「質」と「時間」を上げることによって、中折れが改善される可能性があります。

睡眠の質を上げるには、以下を意識するようにしましょう。

上記を意識することによって、睡眠の質は確実に今より良くなります。
布団やベッドを変えるのはお金がかかりますが、その他はほとんど無料で出来るのでぜひ取り入れてみてください。

睡眠の時間の理想は「8時間」ですが、難しい場合は最低でも「6時間」以上を心がけましょう。

精力がアップする食事を心がける

以下のような「精力がアップ」する成分を摂取することで、中折れが改善しやすくなります。

中折れが改善するだけではなく、「精子増量」や「勃起力アップ」などの効果も期待できます。 別の記事になりますが、上記の成分を摂取できる食べ物について解説しているので、ぜひ参考にしてください。

トレーニング(主に下半身)をする

トレーニングを行うことで「筋肉量」や「テストステロン」が増えるため、中折れが改善する可能性があります。

勃起は「骨盤底筋(こつばんていきん)」という筋肉が関係しており、鍛えることで勃起力が向上し中折れしにくくなります。
骨盤底筋を鍛えるには、以下2つがオススメです。

  1. ワイドスクワット
  2. PC筋を鍛える

通常のスクワットより足幅を広げて行う「ワイドスクワット」の方が、骨盤定期を鍛えられます。
またワイドスクワットを行うことで、セックスに重要な下半身の筋肉量が多くなるため本当にオススメです。

ワイドスクワットのやり方がわからない方は、わかりやすく解説されている以下の動画を参考にしてください。

続いてPC筋のトレーニング方法についてです。
PC筋は「早漏トレーニング」で有名ですが、実は中折れにも効果があります。
いつでもどこでも出来るトレーニングなので、毎日の生活に取り入れることをオススメします。

ED治療薬を服用する

手っ取り早く中折れを改善したい方は、ED治療薬の一択です。
ペニス付近の血管を拡張し硬い勃起ができるようになるため、中折れなら高確率で改善できます。

完全に勃起しない場合は、勃起効果が強い「バイアグラ」や「レビトラ」を服用すべきです。
ですが中折れの改善なら、勃起効果の強さではなく副作用の出にくさで選んだ方が良いかもしれません。

副作用が最も出にくいED治療薬は「シアリス」です。
シアリスは世界的に有名なED治療薬で、副作用の出にくさからシアリスを利用している方が多い傾向にあります。

私は実際に服用した事があるので効果を実感していますが、口コミを見ても「中折れが改善された」と実感している方が非常に多かったです。

62歳の私は最近EDぎみで、勃起して挿入してもすぐ中折れ状態でした。
昨日シアリス半分10㎜を服用してみましが、効果は絶大でした。

引用元:お薬なび

別の記事で詳しく解説しているので、シアリスに興味がある方は以下の記事を読んでみてくださいね。

中折れの原因が分かれば改善は簡単

中折れの原因を特定し、対応が早ければ早いほど改善されやすくなります。
改善方法の選び方としては、「お金を使うか使わないか」で決めれば良いと思います。

お金を使っても良いから、1日でも早く中折れを改善したい方はED治療薬一択です。
逆に時間がかかっても良いから、お金を使わずに中折れを改善したい方は、以下のいずれかを試しましょう。

中折れは身近な問題ではありますが、放置してしまうと大きな問題になってしまいます。
1日でも早く対応する必要があるので、ぜひ明日から改善方法を実践してみてくださいね。

「ED治療薬の服用を考えているけど、どのED治療薬を服用すれば良いかわからない…」

という方は、ED治療薬について解説している、以下の記事を参考にしてください。

TOP