ED薬の比較サイト

テストステロンは食べ物で増やす?効果的な方法を解説!

テストステロンを食べ物で増やす効果的な方法

テストステロンは男性にとって、一番重要と言っても過言ではないホルモンの1つです。

テストステロン量が多い方は、私生活(仕事や恋愛など)が充実している傾向にあります。
逆に私生活が充実していない方は、テストステロン量が少ないからかもしれません。

この記事では「テストステロンを増やして私生活を充実させたい方」に向けて書いています。
誰でも簡単にテストステロンを増やす方法を解説しているので、ぜひ今日から取り入れてみてくださいね。

「セックスの満足度を高める」ためにテストステロンを増やそうとしている方は、ED治療薬を服用した方が効率が良いのでオススメです。

テストステロンは食べ物で増やすのが理想的

テストステロンを増やす食べ物(成分)は、主に以下の2つです。

タンパク質 鶏卵、鶏肉、牛肉、豚肉、魚類、大豆など
亜鉛 牡蠣、納豆、ビーフジャーキー、わかめなど

上記の成分について、1つずつ簡単に解説していきます。

おすすめ成分1:タンパク質

タンパク質を多く摂取することで、体内のテストステロン量が増えます。
テストステロンは筋肉を太くする信号を出しているため、筋肉量を増やす上で非常に重要です。

またテストステロンには、筋肉量を維持する効果もあります。
テストステロンが減少し筋肉量も減ってしまうと、以下のように悪い結果に繋がります。

年を取ると筋肉が付きにくくなり太りやすくなるのは、テストステロンの減少が原因です。
ですのでテストステロンの減少が始まる30代以降の方は、積極的にタンパク質の摂取を意識することをオススメします。

おすすめ成分2:亜鉛

亜鉛は直接テストステロンを増やすわけではありません。
ですが以下のような効果があり、「間接的にテストステロンが増える」と言われているため、積極的に摂取するべきです。

別の記事で「亜鉛の食べ物」について詳しく解説しているので、「亜鉛が不足している」と思った方は、ぜひ一度読んでみてください。

テストステロンを食べ物以外で効果的に増やす方法

食事や食べ物以外で、テストステロンを増やす方法は2つあります。

テストステロンを増やす方法
  1. 運動や筋トレ
  2. 睡眠

上記2つはどちらも重要なので、1つずつ解説していきます。

運動や筋トレを行う

以下のような運動を行う事で、テストステロンが増えると言われています。

特に無酸素運動が有効とされており、筋トレを定期的に行っている方は、テストステロンが多い傾向にあります。
生活習慣病やメタボ予防にも繋がるので、日々の筋トレや運動を心がけましょう。

「運動も筋トレもやっている時間がない…」

という方は、スクワットだけでも行いましょう。
「マシントレーニング」や「フリーウェイトトレーニング」を行う必要はなく、自重のスクワットでも十分な効果が得られます。

スクワットはテストステロンを増やすだけではなく、以下のような効果も得られます。

特に「30代~50代」の方はスクワットを行わないと、筋力が低下してしまい「衰弱生早漏」になってしまうかもしれません。
誰でも出来る簡単なスクワットを紹介しているので、ぜひ取り入れてみてください。

睡眠の質や時間を意識する

テストステロンは「睡眠と深い関わりがある」と言われています。

まずは「睡眠時間」から解説していきます。
テストステロンは睡眠時に多く分泌されるため、睡眠時間が長くなることで分泌量も多くなります。

理想の睡眠時間は1日「6時間~7時間」とされていますが、スマホが普及してから寝不足の方が増えている傾向にあります。
1日だけの睡眠不足なら、大きな問題にはなりません。
ですが1週間・1ヶ月と続いてしまうと、テストステロンが大幅に減ってしまいます。

「睡眠時間が長ければ良い」というわけではありませんが、1日6時間~7時間の睡眠時間を確保できるようにしましょう。

続いて「睡眠の質」について解説していきます。
テストステロンは睡眠の「質」も非常に重要で、「ただ睡眠を取るだけ」では増えません。

以下に当てはまる方は、睡眠の質が悪いと言えるので注意してください。

上記に注意するだけで、睡眠の質は改善されやすくなります。
テストステロンを増やすために、睡眠の「質」と「時間」を意識しましょう。

テストステロンが減る原因

テストステロンが減る原因は、以下のようなものがあります。

デメリット
  • 加齢
  • 肥満
  • ストレス

多くの方が当てはまると思いますので、1つずつ簡単に解説していきます。

テストステロンが減る原因1:加齢

テストステロンは加齢に伴い、テストステロンが低下していきます。
テストステロンが低下する事によって、以下のリスクを高めてしまいます。

そして上記だけではなく、以下のような症状も現れやすくなります。

テストステロンの低下は、「デメリット」でしかありません。
ですので30代以降の方は、テストステロンを増やすために運動や食事改善をより意識してください。

テストステロンが減る原因2:肥満

テストステロンと肥満には、密接な関係があります。
海外では研究が盛んに行われており、以下の理由から「肥満はテストステロンを低下させる」ことがわかっています。

  1. テストステロンの分泌を低下させる
  2. テストステロンの合成も低下させる

またテストステロンを低下させるだけではなく、勃起機能も悪化させます。
勃起機能が悪化すると、EDに進行する恐れがあるので、肥満は百害あって一利なしです。

上記のことから肥満の方は、「テストステロン」と「健康」のために、毎日の運動や食事改善をオススメします。

テストステロンが減る原因3:ストレス

ストレスが溜まった状態で生活をすると、テストステロンが作られなくなります。
なぜストレスが貯まると、テストステロンは作られなくなるのか?
それは「テストステロンは余裕がある時に作られるホルモン」だからです。

どの仕事でもストレスは溜まると思いますが、管理職は以下のような事が毎日起こるので、特にテストステロンが低い傾向にあります。

難しいとは思いますが、ストレスが貯まらないように生活していきましょう。

テストステロンを増やす方法を実践できない場合

「仕事が忙しくてどれも実践できないよ!」

という方は、テストステロンが増えやすくなるサプリを服用しましょう。
本来は食事や運動でテストステロンを高めるべきですが、サプリでも十分な効果が得られます。

個人的にオススメなサプリは、以下の理由から「ビリリティピルズ」です。
「ED改善」や「ペニス増大」を目的としたサプリですが、テストステロンを増やす効果もあります。

上記の効果が得られるのに、1錠あたり50円以下とコスパにも優れています。
非常に優秀なサプリメントなので、テストステロンを増やす方法を実践できない方は、ビリリティピルズの服用をオススメします。

テストステロンは食べ物や運動で増やそう

食事や運動など、少し気を使うだけでテストステロンは簡単に増やせます。
ではなぜテストステロン量が少ない方が多いのか?

それは、ただ単に「テストステロンを増やす方法」を知らないからです。

テストステロンの増やし方を覚えたあなたは、周りの男性より一歩リードしています。
後はテストステロンを増やすための食事や運動を続けるだけです。

ちなみに「勃起力」を高めるため、テストステロンを増やしたい方は、ED治療薬のレビトラがオススメです。

TOP