ED薬の比較サイト
更新日:

精力がつく食べ物17選!食事を変える事が最も有効な改善方法!

精力がつく食べ物

年齢を重ねると、「精力の低下」に悩みますよね。
私も精力の低下に悩んでいた時期があり、セックス出来ない期間が1年以上ありました。

「このままではヤバい!」

と思い精力がつく食べ物を調べ、ひたすら食べ続けました。
その結果、体調が良くなり「セックスがしたい」と思えるようになったので、「食べ物で精力は付けられる」と断言出来ます。

先に言っておきますが、「精力をつける=性欲が高まる」わけではありません。
「精力が付き元気になる事で性欲が高まる」という事を、頭の片隅に入れておいてください。

この記事は、精力を付けたい男性に向けて書いています。
実際に効果を実感出来た食べ物を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

精力がつくおすすめの食べ物:魚介類

まず始めに「精力がつく魚介類」を紹介していきます。
精力がつくオススメの魚介類は、以下の通りです。

精力がつく魚介類

・うなぎ
・牡蠣
・青魚
・サケ

1つずつ簡単に解説していきますね。

うなぎ

うなぎ

うなぎには以下のような成分が含まれているため、精力をつける代表的な食べ物と言えます。

ビタミンA 精子の成長を活性化させる
免疫力を高める
ビタミンB 成長ホルモンの分泌を促す
代謝を促し疲労回復に役立つ
ビタミンE 血流が改善しやすくなる
全身の細胞の老化を防ぐ
亜鉛 疲労が回復しやすくなる
男性ホルモン量を増やす
EPA 血流が良くなる
血管や血液の健康を維持する
ムチン タンパク質を吸収率を高める
粘膜を保護して免疫力を高める

うなぎは上記のような成分が含まれている上に、「低糖質・高タンパク」なので非常に素晴らしい食べ物です。

可能であるなら、定期的に食べる事をオススメします。

牡蠣

牡蠣

牡蠣には「亜鉛」が豊富に含まれており、テストステロンを増やす効果があります。
テストステロンとは男性ホルモンの事で、精子を作ったり勃起力を高めたりしてくれます。

上記のような効果が得られる事から、亜鉛は「セックスミネラル」とも呼ばれています。

亜鉛は非常に重要な栄養素ですが、体内では生成出来ません。
つまり食べ物から摂取する必要があるので、精力をつける上で牡蠣は必須な食べ物だと思っています。

牡蠣は熱すると亜鉛量が減ってしまうので、生牡蠣で食べる事が一番です。

ただ生牡蠣を食べすぎてしまうと、「肝機能障害」や「食あたり」を起こす可能性があるので、基本は熱調理して食べる事をオススメします。

青魚(サバなど)

青魚

青魚には、以下のような成分が含まれています。

必須脂肪酸 DHAやEPAなどの事
動脈硬化や血栓の予防効果
セレン 抗酸化作用
生殖機能の改善
タウリン 疲労回復や肝機能の向上効果

必須脂肪酸やセレンが含まれている事から、青魚EDの予防にも最適です。
血管の状態が良くなりペニスに血液が流れやすくなるので、勃起力の改善も期待出来ます。

個人的にオススメの青魚は、スーパーで気軽に購入出来る以下6つです。

生活習慣病の予防にも繋がるので、2日に1回は青魚を食べる事をオススメします。

サーモン

サーモン

サーモンには、以下のような成分が含まれています。

アスタキサンチン 抗酸化作用で精力がつきやすくなる
オメガ3脂肪酸 中性脂肪を抑制
血流が改善されやすくなる
ビタミンE 精巣機能を高め精子の数を増やす
血流が改善されやすくなる

血流が改善されると栄養素がペニスに運ばれやすくなるので、精力アップだけではなく勃起力アップも期待出来ます。
どのスーパーで売っている上に価格も安いので、サーモンは積極的に食べる事をおすすめします。

魚介類が苦手な方は亜鉛サプリがオススメ

魚介類を毎日食べるのは大変ですし、そもそも魚介類が苦手な方もいますよね。

そこでオススメなのが「亜鉛サプリ」です。
1日1錠~2錠服用するだけなので、継続しやすく手軽に亜鉛を摂取できます。

毎日服用するものなので、出来るだけ質が高い亜鉛サプリを選択してください。
個人的にオススメの亜鉛サプリは「ZINC」という商品です。

亜鉛サプリ
成分 亜鉛、カルシウム
効果 精子量の増加、ED改善など
副作用 特になし
飲み方 1日1錠を服用する
価格 250錠:4,500円
500錠:8,100円
1日あたり 16円~18円

非常に人気がある亜鉛サプリなので、ZINCに興味がある方がぜひ試してみてください。

精力がつくおすすめの食べ物:肉類

続いて精力がつく「肉類」を紹介していきます。
精力がつく肉類は、以下の通りです。

精力がつく食べ物

・牛肉
・豚肉
・ラム肉

1つずつ簡単に解説していきますね。

牛肉

牛肉

牛肉には亜鉛が多く含まれているため、精巣を活性化させ精子の量を増やします。
またビタミンB郡も多く含んでいるので、血液循環が良くなり精力アップに有効です。

特に「肩ロース」や「リブロース」などに、亜鉛などが多く含まれていると言われています。

「牛肉はカロリーが気になる…」

という方は、赤身の牛もも肉がオススメです。
脂肪が少なく動物性タンパク質を非常に多く含んでいるため、摂取カロリーを低く抑える事が出来ます。

豚肉

豚肉

豚肉には精力アップに効果的な、以下の成分が含まれています。

ビタミンB1 疲労回復やスタミナアップに効果的
亜鉛 精子量が増え勃起力向上も期待出来る

そして豚肉はアリシンと相性が良いです。
アリシンが含まれている、以下のような食材と豚肉一緒に食べる事で、精力がつきやすくなります。

また豚肉の脂身には、オレイン酸が豊富に含まれています。
オレイン酸には若返り効果が期待出来るので、精力をつけたい方にオススメの食べ物です。

羊肉(ラム肉)

羊肉

ラム肉は牛肉と同じように低脂肪・高タンパク質なので、男性機能が元気になりやすい食べ物の1つです。
中でもラム肉には「カルニチン」が含まれているので、脂肪燃焼や造血作用が期待出来ます。

造血作用でペニスに送られる血液量が増えるため、精力アップに加え勃起力を高められます。
亜鉛もたっぷり含まれている事から、妊活中の男性にオススメされている食べ物の1つです。

バランスの問題もあるので、羊肉だけではなく牛肉や豚肉も食べるようにしましょう。

食べ物ではなく精力増強サプリもあり

精力がつく食べ物がわかっても、食べ物を毎日用意して調理するのは非常に大変です。
私はパートナーに手伝ってもらったので大丈夫でしたが、自分1人だったら継続出来ていなかったと思います。

「仕事が忙しくて絶対に用意出来ない…」

という方にオススメなのが、精力増強サプリの「マカ」です。

精力サプリ
成分 マカ
効果 精力増強
副作用 特になし
飲み方 1日2錠
価格 100錠:2,250円
200錠:4,050円
300錠:5,400円
1錠あたり 18円~22円

1日20円程度で服用できるので、手軽に精力を増強したい方は、マカを試してみてはいかがでしょうか?

精力がつくおすすめの食べ物:野菜類

続いて精力がつく「野菜類」を紹介していきます。
精力がつく野菜類は、以下の通りです。

メリット

・スイカ
・ニラ
・ニンニク
・アボカド
・ブロッコリー
・山芋
・玉ねぎ

それでは1つずつ、簡単に解説していきます。

スイカ

スイカ

スイカにはアミノ酸の一種「シトルリン」が含まれています。
シトルリンは一酸化窒素の生成に関係しているため、勃起力の改善が期待出来ます。

一酸化窒素と勃起は、非常に密接な関係です。
一酸化窒素の生成が少なくなってしまうと、「勃起しにくくなる(EDになる)」ので、男性はスイカを積極的に食べるべきなんです。

特にシトルリンが含まれている場所は、スイカの「白い部分」です。
白い部分を食べる方は少ないと思いますが、我慢してでも食べるようにしてください。

「そのまま食べるのは気が引ける…」

という方、スイカの浅漬けを食べるようにしてください。
スイカの漬物は人気があり販売されているので、毎日の食卓に追加する事をオススメします。

ニラ

ニラ

精力アップに効果がある成分が、ニラには多く含まれています。

セレン 生殖細胞に多く含まれている成分
不足すると生殖機能が低下する
アリシン 疲労回復や精力増強の効果がある
硫化アリル 精力減退を予防してくれる
高血圧や動脈硬化の予防にも最適

βカロテンやビタミンC・Eなども含まれているので、血管を若々しく保つ効果も期待できます。

ニラに含まれる硫化アリルは、ビタミンB1の吸収率を高めてくれます。
ビタミンB1を豊富に含んでいる豚肉と相性が良いので、なるべく一緒に食べる事をオススメします。

アボカド

アボカド

アボカドは「森のバター」や「食べる美容液」と呼ばれるほど栄養価が高いので、精力をつけるには欠かせない食べ物の一つです。
アボカドに含まれるビタミンEは、生殖機能を高める効果が期待出来るので、私は定期的に食べるようにしています。

「アボカドは脂肪分が多いから、あまり食べたくない…」

確かにアボカドには、脂肪分が多く含まれています。
ですがアボカドの油は、「リノール酸」や「オレイン酸」など良い油です。

これらの油は、血液をサラサラにして動脈硬化を防いでくれるため、勃起力の向上が期待出来ます。
つまり悪い脂肪分ではないので、安心してアボカドを食べてください。

ただ一つ注意点があります。
悪い脂肪分ではありませんがカロリーが高いため、食べすぎには注意しましょう。

ニンニク

ニンニク

ニンニクを食べる事で、コレステロールの上昇を抑制します。
コレステロールの上昇を抑制する事で、血管内に付着するコレステロールが少なくなり、血管が狭くなりにくくなります。

「血管と精力が何で関係してるの?」

勃起を持続させるには、ペニスに大量の血液を送り続ける必要があります。
血管が狭くなってしまうと、ペニスに送られる血液量が少なくなってしまうので、勃起力が低下してしまうんです。

ですので精力をつけるには、コレステロールの上昇を抑制するニンニクは効果的と言えます。

またニンニクには、精力アップに繋がる成分が大量に含まれています。

亜鉛 男性ホルモンを増やす
精巣を活性化させる
セレン 生殖機能を改善するk
アルギニン 男性ホルモンの分泌を促す
一酸化窒素の産生を促す
スコルジニン 疲労回復や新陳代謝の促進
エネルギー生成の促進

ニンニクを食べる事を検討している方は、黒ニンニクを試してみてください。
通常のニンニクより高額ですが栄養価が高いので、お金に余裕がある方は毎日黒ニンニクを食べましょう。

ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリーには「ジインドリルメタン」という成分が含まれています。
ジインドリルメタンとは「男性ホルモンを増強してくれる成分」の事です。

男性は年齢と共に男性ホルモンの量が減ってしまい、筋肉量が減ったりEDになったりします。
精力をつけるには男性ホルモンも重要なので、ブロッコリーも積極的に食べましょう。

またブロッコリーは栄養価が非常に高い食べ物の一つです。
「ビタミンC」や「鉄分」が多く含まれているため、ブロッコリーはアスリートが好んで食べています。

どこでも気軽に購入出来る食べ物なので、ブロッコリーは出来るだけ毎日食べる事をオススメします。

山芋

山芋

山芋には以下のような、精力アップに欠かせない成分が多く含まれています。

ムチン 免疫力アップや疲労回復など
アルギニン 男性ホルモンの分泌を促す
一酸化窒素の産生を促す
亜鉛 精子の生成を促す
ビタミンC 体を若く保ち精子の劣化を防ぐ
ビタミンB郡 神経細胞の機能が向上する

ここには書ききれませんが、山芋は他にも精力アップに有効な成分が多く含まれています。
毎日食べる事は難しいと思いますが、出来るだけ毎日の食事に取り入れる事をオススメします。

玉ねぎ

玉ねぎ

玉ねぎには以下のような成分が含まれています。

アリシン 滋養強壮や疲労回復効果
ケルセチン 血行の促進効果
勃起力向上が期待出来る
タマネギアイリン 男性ホルモンの低下を防ぐ

玉ねぎは精力アップに欠かせない成分が多く含まれているので、私は毎日食べるようにしています。
スーパーだと玉ねぎ1個で30円~50円程度なので、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

1つ注意点があって、玉ねぎは出来るだけ生で食べるようにしてください。
焼いたり茹でてしまうと、上記成分の効果を100%得られなくなってしまいます。

生の玉ねぎは少し辛いですが、精力アップの為にも生で食べる事をオススメします。

勃起の悩みはED治療薬がオススメ

ニンニクや山芋に含まれてる「アルギニン」を定期的に摂取することで、勃起に関する悩みが改善されやすくなります。
ですがアルギニンに即効性はないので、「ここぞ」という時に効果を発揮しません。

手っ取り早く勃起に関する悩みを改善したい方は、ED治療薬の服用を検討してみましょう。
ED治療薬は3種類に分類され、勃起効果は同じですが、それぞれに特徴があります。

※以下の表は、横にスライド出来ます

ED治療薬のシアリス ED治療薬のバイアグラ ED治療薬のレビトラ
商品名 シアリス バイアグラ レビトラ
デメリット 硬さがやや出にくい 副作用が出やすい 副作用がやや出やすい
メリット 副作用が出にくい
持続時間が長い
勃起の硬さはNO.1 硬さが出やすい
即効性がある
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ちなみに私イチオシのED治療薬は「シアリス」です。
私は3種類全てのED治療薬を服用しましたが、シアリスの「自然な勃起」と「副作用の出にくさ」が非常に素晴らしかったです。

体質によって「合う合わない」があるので、ED治療薬は3種類を試してみた方が良いかもしれません。

精力がつくおすすめの食べ物:その他

続いて肉類や魚介類に分類出来ない、精力がつく食べ物を紹介していきます。

精力がつく食べ物

1、ナッツ類
2、大豆食品
3、鶏卵

それでは1つずつ、簡単に解説していきます。

ナッツ類(クルミなど)

ナッツ類

クルミやアーモンドなどのナッツ類には、精力アップに有効な以下の成分が含まれています。

亜鉛 精子の生成を助ける
ビタミンE アンチエイジング
生殖機能を高める
アルギニン 一酸化窒素の生成を促進する

AV男優のしみけんさんもアーモンドを食べており、この投稿を見てから私はアーモンドを食べ続けています。

ナッツ類で特にオススメなのは、以下の4つです。

  1. アーモンド:1日23粒
  2. カシューナッツ:1日10粒
  3. くるみ:1日10粒
  4. ピスタチオ:1日20粒

1つ1つ買うと高くなってしまうので、ミックスナッツの購入をオススメしております。

大豆食品(納豆など)

大豆食品

精力をつけるには「体の健康」が重要なので、大豆食品は積極的に食べるようにしましょう。
特にオススメの大豆食品は、以下2つです。

  1. 納豆
  2. 豆腐

納豆は非常に栄養価が高く、5大栄養素がバランス良く含まれています。

5大栄養素

1、タンパク質
2、脂質
3、炭水化物
4、ビタミン
5、ミネラル

また納豆にはナットウキナーゼが含まれており、血栓を溶かす作用があります。
血液がサラサラになり、ペニスに送られる血液量が増えるので、勃起力の向上が期待出来ます。

豆腐にはアルギニンが含まれています。
勃起に必要不可欠な一酸化窒素の生成を促進したり、精子の数を増やし活発にするので、豆腐は本当にオススメです。

これだけ素晴らしい成分が含まれているのに、大豆製品は価格が安いので魅力的ですよね。

鶏卵

鶏卵

鶏卵は大豆食品と同様に、栄養価が非常に高い食べ物の一つです、
以下のような成分が豊富に含まれているため、AV男優の方も積極的に食べています。

鶏卵は栄養価が高いだけではなく、精力アップに欠かせない以下の成分も含まれています。

ビタミンE 生殖機能の向上
亜鉛 精子の生成を促進

鶏卵は価格が安く食べやすいので、私は1日2個~3個食べるようにしています。

精力低下の改善方法は食べ物(食事)を変えるだけ!

精力がつく食べ物は 、「栄養バランス」が非常に優れています。
そのため精力アップだけではなく、「ダイエット効果」や「健康な体づくり」にも繋がるため、積極的に食べるべきです。

精力がつく食べ物にデメリットは一つもないので、毎日食べる事をオススメします。

「セックスのために手っ取り早く精力を付けたい」

という方は、ED治療薬がオススメなので、興味がある方は以下の記事に目を通してみてください。

TOP